21世紀をたくましく切り拓く人間の育成をめざして

新しい世紀を迎え、科学技術の急速な発展、経済社会のグローバル化、情報化など社会は大きく変化し、様々な課題が生じています。創立以来百年以上の長きにわたり受継がれてきた本校の<教育方針>を土台に据えつつ、今後は以下の観点も重視しながら、これからの時代をたくましく切り拓く、骨太な人間を育てていきます。
  1. 一人ひとりの個性・能力の一層の伸長
  2. 自分で考えることができ、意見を積極的に主張できる人間の育成
  3. 広い視野と「千萬人」の気概*を備え、国際社会・地域社会で活躍できるリーダーの育成
  4. SSH**の成果をふまえ、先進的な取組みにより本校の伝統ある理科・数学教育の発展を図ります。将来有為な科学技術系人材の育成をめざすとともに、文系分野にすすむ生徒にも、科学・技術を人間・社会との関係まで見通しながら自ら判断し、行動できるための科学的要素を育みます。


*「自反而縮雖千萬人吾往矣」(みずからかえりみてなおくんば、センマンニンといえどもわれゆかむ)
 自分自身を反省して正しいと確信できたら、たとえ相手が千万人であっても自分は恐れずに立ち向かって行く
 [出典 孟子公孫丑上]
 本校の校風の象徴であり、生徒のモットー。

** SSH スーパーサイエンスハイスクール。文部科学省より科学技術、理科・数学教育を重点的に行う研究開発学校として、
 平成14年から指定を受け、大学・企業との連携や理数に特に重点をおいた教育課程の開発等をとおして、
 将来有為な科学技術系人材の育成を目指す。